本文へ移動

地域包括支援センター

新着情報とお知らせ

見沼区西部圏域地域包括支援センター大和田

見沼区西部圏域地域包括支援センター大和田
〒337-0053
埼玉県さいたま市見沼区大和田町2-1387-1
事業所番号:1106500109
      入口
      相談室
      相談室

地域包括支援センター(愛称:シニアサポートセンター)

地域包括支援センターは、高齢者の方に関する各種相談等に応じる窓口として平成18年4月に開設されました。医療法人興仁会では、さいたま市からの委託を受け、地域包括支援センターの業務を行っております。
見沼区西部圏域で暮らす高齢者のみなさまの介護、福祉、医療等に関するさまざまな相談を受け付け、保健師(または経験のある看護師)、主任ケアマネジャー、社会福祉士、地域支え合い推進員(高齢者生活支援コーディネーター)等、専門知識を持ったスタッフが連携して、必要な機関と協力、調整し、問題解決のお手伝いをしています。年末年始を除き毎日開所していますので、お気軽にご相談下さい。(相談は無料です)

事業内容

介護者サロン

さいたま市では、シニアサポートセンターが主催して介護者支援のための介護者サロンを開催しています。介護者サロンでは、介護をしている方・介護を終えた方が、悩みや疑問などについて情報交換したり、交流を図ったりしています。

大砂土東公民館 1階実習研修室 毎月 第2金曜日の
14時~15時半 で開催しています。(9月は土曜日も開催します)


参加者からは、同じような悩みを抱える方々が意見交換をし、気分が楽になったなどの声があります。
詳しくはお問合せ下さい。


オレンジカフェ

認知症や軽度認知症(MCI)が社会問題となっています。いつまでも住み慣れた地域で暮らす為に、認知症の人やその家族、地域のさまざまな方が交流の機会を持つことにより、横の繋がりを形成し、認知症への理解を深め合う場です。

オレンジカフェでは、仲間と交流しながら日常生活の活性化につなげることを大切にしています。

毎月 第4水曜日 10時~11:30 
スポーツみらいLab
(見沼区大和田町2-1263-2 大和田店舗6号)

シニアサポートセンターが主催していますので、詳しくはお問い合わせ下さい

いきいき百歳体操

いきいき百歳体操は、高齢者ができる限り要介護状態になることなく、健康で生活できるよう、「おもり」を使った運動です。 
 
この運動を続けることで、「歩くのが楽になった」「転びにくくなった」「自転車をこぐのが早くなった」などの声を頂いています。 
 
また、身近な場所に体操する仲間がいることで、情報交換の場になったり、お互いを支え合える地域の絆ができることが期待されています。
 
さいたま市のホームページにも地域にある活動の情報を掲載しています。 活動インフォメーションいきいき活動リスト (クリックするとさいたま市のホームページに移動します) が載っておりますので参考にして下さい。(地域のサロンも載っています)

また詳細をお知りになりたい方はお問合せ下さい。

アクセス

駐車場は建物の後ろにあります(2台分)

お問い合わせ・ご相談は

TOPへ戻る